ジョジョの名言が熱い!

ジョジョの奇妙な冒険に出てくるキャラクターの名言が心に響きます。

第4部に登場する漫画家の岸辺露伴は、ある日広瀬康一から、大金持ちなのに何故スタンド能力を使ってまで人の頭を覗き漫画を描く必要があるのかと問われました。

それに対して、大金を稼ぐためとかチヤホヤされるために漫画を描いているのではない、と岸辺露伴は激怒します。

自分の漫画を読んでくれる人に面白いと思われる漫画を描きたいだけなのだ、と岸辺露伴は言います。

頭の中は、いつも次に描く漫画をいかに面白くするかを考えており、金や名声を目指したことなど無いと断言します。

この一連のやり取りは、とても格好良いと思います。

やりたいことを愚直にやる岸辺露伴の生きざまは、自分の人生に活かせそうな感じがします。

岸辺露伴というと、「だが断る」が名言ですが、実はその有名な名言を超える名シーンを持っている、ジョジョの中でも稀有な存在なのです。

おんぼろアパートに住んでる女の子の部屋の床が抜けて天井から落ちてきて、主人公の息子に股間がハマってしまうエロ漫画。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。が最高にエロくて面白いです!

作品のネタバレ紹介サイトもあるので、ハーレムエロが好きな人は、試し読みからどうぞ。
女の子が落ちた先は ネタバレ

コメントは受け付けていません。